Top >  二重手術を希望される方へ >  一重と二重の遺伝・違い

一重と二重の遺伝・違い

日本人は欧米人に比べ、瞼の脂肪が多く、

目が出ている傾向にあるため、一重になる人は多いです。


一重は、東アジア以外の人種には、殆ど見られません。


欧米人のような、彫りが深くパッチリとした二重は、

とても魅力的ですね。


一重になるか、二重になるかは、遺伝が関係してきます。


二重は、遺伝しやすい『優勢』、

一重は、遺伝しにくい『劣勢』とされています。


単純に言えば、夫婦のどちらかが二重ならば、

二重の子供が生まれる可能性のほうが、高いというわけです。


残念ながら、父親は二重ですが、

母親の遺伝子を受け継いだ私は、くっきり一重です。


たとえ一重に生まれてしまっても、成長するにつれて、変わる人もいます。

整形手術無しで、二重になった人もいます。

たとえば、『アイプチ』を使う方法です。


のり状のものや、シール状のものなど、様々なタイプがありますが、

どちらも、瞼と瞼をくっつけて、人工的に二重にするものです。

とても手軽ですが、誰でも二重になるわけではありません。


ずっとアイプチを続けていたら、二重になった!と言う人は、

たいてい、瞼の脂肪が薄い人です。

厚い脂肪の瞼では、いくら頑張っても、二重の跡が残りにくいです。


そして、アイプチは化粧品であり、肌にあまり良いものではありません。

毎日毎日、寝るときも付けて寝るほどの、徹底したアイプチ療法は、

肌荒れを起こします。


どんなに頑張っても、自然には二重が手に入れられない人も

多いのではないでしょうか?


私もその一人です。


厚い脂肪の乗った瞼で、アイプチでは、すぐに戻ってしまいます。

そのうえ、肌が弱く、長い間アイプチを付けていると、

かゆくなったり、赤くなったりしてしまいます。


そんな人のための、救世主は『二重手術』です。


最近では、『プチ整形』と言われる、メスの要らない手術まであります。

この二重手術とは、どんな手術なのか、詳しく書いていきますね。

         

二重手術を希望される方へ

「怒ってるみたい」「不機嫌そう」なんて言われたことがありますか?
重たい一重のせいで、誤解を招くことも、あるかもしれませんね!
パッチリした目に、憧れている方も多いでしょう。

二重手術と言っても、方法は1つではありません。
ここからは、瞼の違いについて知り、自分の瞼には、
どの方法が最適なのか、カウンセリング前に知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


一重と二重の遺伝・違い
二重手術の注意点
二重手術の方法


コンプレックスについて

整形手術を受ける前の注意点

二重手術を希望される方へ

二重手術の失敗談

脂肪吸引を希望される方へ

私の脂肪吸引手術の体験談

脂肪溶解注射メソセラピーを希望される方へ

豊胸手術を希望される方へ

豊胸手術の種類

プチではない豊胸手術

私の豊胸手術体験談

整形手術に対する私の考え






Yahoo!ブックマークに登録