Top >  二重手術を希望される方へ >  二重手術の注意点

二重手術の注意点

二重手術は、美容整形手術の中で、

1番受ける方が多い手術ではないでしょうか。


一言で『二重手術』と言っても、その方法はたくさんあります。

簡単な『プチ』もあれば、切開し縫合する手術もあります。


価格が違うので、予算の関係もあるでしょうが、

予算だけで手術方法を決めてしまうのは、失敗の元です。

では、どうやって手術方法を決めるのでしょうか。


自分自身で考慮することは、まず休日がどれくらい取れるのか。


人にあまり接しない仕事ならば、

すぐ通常通りに仕事が出来るかもしれませんが、

体質によっては、麻酔注射だけでも、腫れや内出血が出ます。


ましてや、切開したりまぶたの脂肪吸引まですると、

かなりのダウンタイムが必要になると思います。


腕や足と違い、目はどうしても見られるところなので、

内出血が目立つと思います。


日帰りで施術時間10分の、簡単プチ整形であっても、

最低でも、翌日が休みの日に手術をするのがベターですね。


そして、次に考慮するのが予算。


ちなみに現在では、かなり安く施術している病院も多いですが、

今から約13年前の、施術当時の価格は、なんと10万円。

まだ高校生だったので、学割がきいて9万5千円でした。


手術方法は、カウンセリングで決めましょう。

人それぞれ、まぶたの脂肪の量や目の形が違うので、

一概に『プチ整形の埋没法が良い』とも言えません。


何故かと言うのは、実際に私自身や、身内の失敗例があるので、

詳しく書いていきたいと思います。

         

二重手術を希望される方へ

「怒ってるみたい」「不機嫌そう」なんて言われたことがありますか?
重たい一重のせいで、誤解を招くことも、あるかもしれませんね!
パッチリした目に、憧れている方も多いでしょう。

二重手術と言っても、方法は1つではありません。
ここからは、瞼の違いについて知り、自分の瞼には、
どの方法が最適なのか、カウンセリング前に知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


一重と二重の遺伝・違い
二重手術の注意点
二重手術の方法


コンプレックスについて

整形手術を受ける前の注意点

二重手術を希望される方へ

二重手術の失敗談

脂肪吸引を希望される方へ

私の脂肪吸引手術の体験談

脂肪溶解注射メソセラピーを希望される方へ

豊胸手術を希望される方へ

豊胸手術の種類

プチではない豊胸手術

私の豊胸手術体験談

整形手術に対する私の考え






Yahoo!ブックマークに登録