Top >  プチではない豊胸手術 >  豊胸手術のインプラント

豊胸手術のインプラント

注射や注入するだけの豊胸ではなく、

手術が必要な豊胸にも、色々な方法があります。


そして、入れる豊胸用インプラントにも、

色々な種類があります。


インプラントの外側は、

どれも安全なシリコンで出来ていますが、

内容物が違います。


1つ目の内容物には、『生理食塩水』があります。


これは、体液と同じ濃度の食塩水で、万が一漏れても安全です。

しかし、漏れやすいことが弱点でもあり、

最近ではあまり使われていません。


2つ目に、『シリコンジェル・コヒーシブシリコン』があります。


これはどちらもシリコンなのですが、

ジェル状とグミ状の違いがあります。


グミ状のコヒーシブは、

破損しても外に流れ出さない為、多くの病院で使用されています。


現在、私が手術を受けた『コムロ美容外科』で、主に使用しているインプラントは、

コムロ・マイクロテクスチャーバッグ・コムロコヒーシブシリコンの2種類のようです。

ちなみにどちらも同じ価格で、税抜き100万円です。


私の手術に使用したものは、コムロコヒーシブシリコンです。

これは、アメリカの「アラガン社」のマックギャンTMと共同開発した、

コムロのオリジナルバッグです。


それをさらに改良し、より自然でより耐久性のあるバッグが、

コムロ・マイクロテクスチャーバッグです。

表面の形状が特殊で、癒着による被膜拘縮の可能性が少ないようです。


それだけ進化したバッグなのに、

コヒーシブシリコンと同じ価格なのが不思議です・・・

         

プチではない豊胸手術

いわゆる「手術」を必要とする、豊胸手術です。
この豊胸手術にも、胸に詰める内容物や、詰める場所など、
方法は、様々です。

その人の胸によって、適した方法があります。
ここから、私の豊胸手術の体験談を書きますので、ぜひ参考にして、
自分はどの方法にしようかイメージして欲しいと思います。

このカテゴリ内の記事


豊胸手術のインプラント
豊胸手術の方法(大胸筋下法)
豊胸手術の方法(乳腺下法)


コンプレックスについて

整形手術を受ける前の注意点

二重手術を希望される方へ

二重手術の失敗談

脂肪吸引を希望される方へ

私の脂肪吸引手術の体験談

脂肪溶解注射メソセラピーを希望される方へ

豊胸手術を希望される方へ

豊胸手術の種類

プチではない豊胸手術

私の豊胸手術体験談

整形手術に対する私の考え






Yahoo!ブックマークに登録