Top >  プチではない豊胸手術 >  豊胸手術の方法(大胸筋下法)

豊胸手術の方法(大胸筋下法)

インプラントの種類と、入れる量が決まっても、

そのインプラントを入れる場所によって、

手術方法が変わってきます。


どんな手術があり、どの手術を選べばいいのでしょう?


手術方法には、

『大胸筋下法』と『乳腺下法』と言う方法があります。


まずは『大胸筋下法』を説明しますね。

これは、胸の筋肉の下にスペースを作り、

そこにインプラントを入れます。


『大胸筋下法』に適している人は、元々胸が小さい人や、

入れたインプラントの形がくっきり浮き上がってしまうほど、痩せている人です。

私の知っている人では、ニューハーフの方が『大胸筋下法』を受けました。


メリットとしては、痩せていても、

深い部分にインプラントがあるので、

表面からは、わかりずらいです。


しかし、デメリットもたくさんあります。


まず、インプラントが筋肉に抑えられているので、

自然な揺れではありません。


せっかく柔らかいインプラントであっても、

筋肉の下になってしまうので、

感触が硬めになってしまいます。


そして何より、筋肉を剥がしてスペースを作るので、

激痛です。


痛みの感じ方や、忍耐力は人それぞれですが、

この施術を受けたニューハーフの方は、

「自殺してしまいたいくらい痛かった」と言っていました。


腕も動かせず、寝ていても痛いと聞きました。

しかしそんな状態でも、脂肪吸引と同じく、マッサージが必要で、

その激痛マッサージがまた、毎日地獄だったらしいです。


しかし、それだけを恐れて、自分で手術方法を決めてしまわずに、

美容外科で、どちらが自分の胸に適しているのか、

しっかり見極めてもらうことが大事です。

         

プチではない豊胸手術

いわゆる「手術」を必要とする、豊胸手術です。
この豊胸手術にも、胸に詰める内容物や、詰める場所など、
方法は、様々です。

その人の胸によって、適した方法があります。
ここから、私の豊胸手術の体験談を書きますので、ぜひ参考にして、
自分はどの方法にしようかイメージして欲しいと思います。

このカテゴリ内の記事


豊胸手術のインプラント
豊胸手術の方法(大胸筋下法)
豊胸手術の方法(乳腺下法)


コンプレックスについて

整形手術を受ける前の注意点

二重手術を希望される方へ

二重手術の失敗談

脂肪吸引を希望される方へ

私の脂肪吸引手術の体験談

脂肪溶解注射メソセラピーを希望される方へ

豊胸手術を希望される方へ

豊胸手術の種類

プチではない豊胸手術

私の豊胸手術体験談

整形手術に対する私の考え






Yahoo!ブックマークに登録