Top >  プチではない豊胸手術 >  豊胸手術の方法(乳腺下法)

豊胸手術の方法(乳腺下法)

この方法は、元々ある程度のバストがあったけれど、

授乳後小さくなってしまった方などに向いています。

私はこの『乳腺下法』で施術していただきました。


授乳期には大きくパンパンなっていたのに、

母乳が終わって中身が空っぽになり、皮だけが残りたるんでいたので、

スペースは、嫌と言うほどたくさんありました。(笑)


この『乳腺下法』は、その名の通り、インプラントを入れるスペースを、

乳腺の下に作る方法です。


なので痩せている人は、大胸筋下法よりは、

インプラントが入っているのが、わかりやすいです。


しかし、メリットがたくさんあります。

私は、いままで経験した整形手術の中で、この『乳腺下法の豊胸』が

1番満足しています。心から「受けてよかった!」と思えます。


まず1つ目のメリットは、痛みが少ないことです。

脂肪吸引とは比べものにならないほど、痛みが無く、

ちょっとした筋肉痛のような、鈍い痛みが胸の周りにあるだけです。


もう1つのメリットは、胸が自然な動きで、柔らかい感触です。

大胸筋下法の胸と、実際に触り比べたことは無いのですが、

乳腺下法の胸は、弾力性はあるものの、柔らかい感触です。


横になったり、仰向けになったりしても、不自然な形状ではなく、

自然に胸が流れ、本物と変わりません。


大胸筋下法と一緒で、術後のマッサージはしなければなりませんが、

マッサージする場所は、胸ではなく傷跡です。


痛む胸を揉みほぐすこともなく、

脇の下の傷をつまむように毎日揉むだけです。

         

プチではない豊胸手術

いわゆる「手術」を必要とする、豊胸手術です。
この豊胸手術にも、胸に詰める内容物や、詰める場所など、
方法は、様々です。

その人の胸によって、適した方法があります。
ここから、私の豊胸手術の体験談を書きますので、ぜひ参考にして、
自分はどの方法にしようかイメージして欲しいと思います。

このカテゴリ内の記事


豊胸手術のインプラント
豊胸手術の方法(大胸筋下法)
豊胸手術の方法(乳腺下法)


コンプレックスについて

整形手術を受ける前の注意点

二重手術を希望される方へ

二重手術の失敗談

脂肪吸引を希望される方へ

私の脂肪吸引手術の体験談

脂肪溶解注射メソセラピーを希望される方へ

豊胸手術を希望される方へ

豊胸手術の種類

プチではない豊胸手術

私の豊胸手術体験談

整形手術に対する私の考え






Yahoo!ブックマークに登録