Top >  私の豊胸手術体験談 >  乳腺下法術後の処置

乳腺下法術後の処置

乳腺下法は、術後数時間は回復室で休憩します。

そして、落ち着いてから帰宅となります。


しかし日帰り退院と言っても、

プチ整形と違うので、通院があります。


バストバンドと言う、さらしのような布で、

胸をグルグルに巻き固定します。


脇からは、ドレーンと言う細い管を入れて、翌日まで過ごします。

翌日にまた来院し、ドレーンを抜いてもらいます。


このドレーンの役割は、スペース内に溜まった血液や浸出液を、

体外に排出する為です。


これらの液は、放っておいても吸収されるのですが、

吸収されるまでに炎症が起こって、拘縮するのを予防するために、

ぜひやっておきたい処置です。


翌日までの我慢とは言っても、ドレーンの先端には、

液を溜めるための、容器も付けられます。

その容器にはヒモが付いていて、首にかけて常に持ち歩くようになっています。


一応その容器には、布でカバーをしてくれてあるので、中の液体は見えませんが、

首から下げたままで歩くのは、人目がかなり気になります。


なので、私は洋服の内側に、隠すように入れていたのですが、

容器でポッコリと膨らんでしまうので、

帰りの電車で、妊婦に間違われました。(笑)

         

私の豊胸手術体験談

私の受けた豊胸手術の、方法や経過、アフターケアなどを、
詳しく書いていきます。

ただ単に、手術の出来上がりだけでなく、術後の状態なども加味して、
手術方法を、選択してもらいたいと思います。
私の体験も、1つの参考にしてみてくださいね。

このカテゴリ内の記事


乳腺下法の施術
乳腺下法術後の処置
乳腺下法術後(翌日ー7日後)
乳腺下法術後(1ヶ月ー3ヶ月)


コンプレックスについて

整形手術を受ける前の注意点

二重手術を希望される方へ

二重手術の失敗談

脂肪吸引を希望される方へ

私の脂肪吸引手術の体験談

脂肪溶解注射メソセラピーを希望される方へ

豊胸手術を希望される方へ

豊胸手術の種類

プチではない豊胸手術

私の豊胸手術体験談

整形手術に対する私の考え






Yahoo!ブックマークに登録